整体を利用することで身体をリフレッシュして健康になれる


短時間の施術も

カイロプラクティック治療台3

整体の療術は古くから伝えられてきました。
庶民の間では「ほねつぎ」と呼ばれ、骨折や捻挫などの治療に当たっていたのです。
その後、柔道家が道場と併設して治療所を設けるなどしましたが、医療制度の改正により医師としてではなく柔道整復師として治療をするようになりました。
その後、保険が適用できるかどうかの違いにより接骨院や整骨院と、整体院は分離されるようになり、整体院では柔道整復師などの資格が不要であるため、保険制度にとらわれることなく日頃の疲れによる肩こりの痛みや脚の痺れなどを緩和する療術を行うようになったのです。
関節や骨盤の位置を矯正するものやマッサージをして血液やリンパ液の流れを良くするもの、そして自宅でもできるストレッチの指導などが行われています。

整体院では他の店舗との差別化を図るため、様々なリラクゼーションコースを導入するようになりました。
男性だけでなく若い女性も通えるように全身をオイルでトリートメントしたり、顔や脚などをピンポイントでケアしたりもします。
小顔効果や痩身効果などを期待して定期的に通う人が増えると予測されます。
また足つぼマッサージなど接骨院や整骨院において行われない療術を取り入れることで、さらなる差別化を図っていきます。
スペースを広く確保できている整体院であれば酸素カプセルを導入したり、アロマの香りがするリラックススペースを設けることによって日頃の疲れを解消できるような店作りをすることにより、客単価のアップを目指すことが可能になります。